住宅で紫外線が気になるなら最初からUVカットガラスを!

日当りの良い住宅にするのならば、やっぱりUVカット効果のガラスを入れておいた方が良いでしょう。

 

なぜなら、新築住宅に引越しをした後から、紫外線対策をしようと思ったら、結構大変だからです。 薄いフィルムをつけるにしても、職人さんを呼ばなくてはいけませんからね。

 

自分でおこなおうとすると、よっぽど手先が器用だという人でない限り、なかなかの大惨事になることもありますからね。

 

また、プロの方を呼んで紫外線カット効果のあるフィルムを張ってもらうにしても、 その後ずっとフィルムを張り続けておくことになりますからね。

 

ですからそれならば、最初からUVカット効果のあるガラスを最初から入れておく方がいいというものです。   確かに、UVカット効果のあるガラスはお高いものです。 通常のガラスに比べますと、数万円高めになるガラスもあります。

 

けれども、紫外線をカットしたいという思いと、その後UVカット効果のあるフィルムを 定期的に張り続けていくことを思ったら、はじめからUVカット効果のあるガラスを入れておくのもいいというものでしょう。

 

PR|三重で格安のデザイン住宅|