注文住宅で、老後の家を建ててみたいな!

私も60歳を過ぎ、定年退職をした今、やはり、今考えることは、健康で楽しく暮らしていきたいということです。

 

元気で楽しく暮らしたいと思うのは、誰もが感じていることだとは、思うのですが、やはり、病気と隣り合わせということには、変わってはいきません。

 

そのためにも、歳をとったら、狭くてもいいから、自分なりに使いやすくて、段差のないバリアフリーの家を建ててみたいです。

 

現在は、持ち家のマンション暮らしですが、子供たちも嫁いでいき夫婦二人で生活をしていくのには、使わない部屋もあったり、思うように動けないという不満もでてきています。

 

歳をとれば、布団の上げ下げもきついし、できれば、ベットでの生活をしてみたいです。 歩くのにも、手すりがあれば、安心だし、トイレも寝室の隣にあればと思います。

 

そして、余裕があれば、孫たちが遊びに来てくれた時に泊まれる部屋があれば、嬉しいです。

 

今は元気でいるので、そこまで切羽詰まってはいませんが、もうじきやってくる年取った時のことは 考えないといけない問題です。お金もかかるので、慎重に進めないといけないのですがいつかこの夢が叶えば嬉しいです。

 

快適に老後を迎えるためにも、家族と少しずつ相談しながら夢に向かっていきたいです。

 

PR|世代に合わせた注文住宅づくり|