建売住宅の購入時には第三者の住宅検査を受けることが大切

建売住宅は完成後のものよりも建築前のものを購入する方が、 建設工事をしっかり検査して安全性を確保できるという利点があります。

 

なぜなら、大手のハウスメーカーが施工した場合に比べると、 地元の工務店やローコスト住宅の工事の場合は、 工事も自己都合で行っているケースが少なくありません。

 

もちろん、小さな工務店でも良心的な工事をしている現場や大手でも ひどい現場の場合もあります。

 

いずれにせよ現場を自分の目で確かめておくことが 安心した家づくりのために不可欠です。

 

ただ、建設中の家をチェックすることができる機会があっても、 買主に専門的な知識がなければ何の意味もありません。

 

そのため、多少費用はかかったとしても、建築工事の現場を 第三者の検査専門家に検査をしてもらうことがおすすめです。

 

また、既に完成後の建売住宅でも内覧会の際に同行してもらえるサービスもあるので、 完成後の住宅を購入する人でもこのサービスを利用して、 家の安全性の確保に努めることをおすすめします。